リッドキララの商品情報を徹底解説!

腫れぼったい瞼、垂れさがった瞼、伸びきった瞼などの症状に悩まされている人に人気のリッドキララですが、そんなリッドキララの商品情報を徹底的に解説しました!

 

 

リッドキララの商品情報を解説します。

 

 

リッドキララとは?

リッドキララはまぶた専用の化粧品です。

 

 

化粧品といっても普通にあるような化粧品ではなく、まぶたをくっきりハッキリに特化したアプローチ方法をとって作られた美容専用のジェルです。

 

まぶたがモヤッとする、垂れ下がる、余ってきたなどの症状が年をとるとともにひどくなってきます。

 

 

近年?・・・ではなく、この症状は昔からありましたが、最近まぶたが下がるとして手術された芸能界のドンといわれる人や関西の有名司会者の方も、一般的なまぶたをケアする専用の化粧品がなかったなどの理由からその症状をそのままにしていた影響で眼瞼下垂手術という選択になってしまいましたが。

 

このような場合、加齢という症状での眼瞼下垂になる可能性もあり、まぶた付近の薄い皮膚のうるおい成分をキープすることが難しいともいわれています。

 

つまり、まぶた付近の皮膚は乾燥しやすい皮膚組織であって、なかなかお肌のお手入れの際の手が行き届かない理由があるのも確かなようです。

 

そんな理由もある中で、人によってはまぶたが伸びたり、余ったり垂れたりしやすい体質もあるんだと思います。

 

 

 

今まではまぶた専用の化粧品もなかったですが、ようやくまぶたの皮膚にダイレクトアプローチする化粧品リッドキララが発売されたんですね。

 

リッドキララは、東証一部上場企業の北の達人コーポレーションが開発製造販売を一手に行なっている近年どこにも作られていない”まぶた専用”のジェル美容液です。

 

 

 

リッドキララによる作用

リッドキララがなぜまぶたのケアに適しているのかを説明します。

 

 

たとえば、お化粧の際に、コラーゲン入りの化粧品を使ったとします。

 

保湿がおもなコラーゲンですが、つけることによって得られる効果はお肌に潤いが保たれる作用があります。

 

潤い成分は角質層の奥深くまで浸透し、乾燥などによるダメージを受けた部分へダイレクトアプローチして、お肌への潤いと弾力が与えられるようになります。

 

 

ネムノ木由来のリッドキシル

リッドキララに含まれた成分には、たるんだまぶたに必要なコラーゲンやエラスチンを素早くサポートアプローチするネムノ木由来の成分を使用し作られたリッドキシルが配合されています。

 

ネムノ木は、ナリス化粧品によって樹皮抽出物にコラーゲンの老化を回復する引き締め作用があることが長年の研究により確認されたそうです。その成分を使って開発されたものがリッドキシルです。

 

リッドキシルは北の達人コーポレーションが開発製造した成分です。

 

 

また、ナリス化粧品の成果は2013年のことですから、今ではこの成分で製品化されているものも多く、まぶたの内部細胞のコラーゲン組織に直接アプローチして、まぶたがたるんだなどの組織老化現象へアプローチするものと思われます。

 

ナリス化粧品でもディアーゼWRフォーカスアイクリームという商品を発売していますが、ハイクオリティーな値段で売られています^^

 

もしディアーゼWRフォーカスアイクリームを試してみたいと思う方は一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

つまり、リッドキララをまぶたに付けることによって得られる作用は、まぶたを健康にする作用の何ものでもないということですね。

 

しかし、使った人の中にはそんなに効果が得られなかったという人もいるようです。

 

 

おそらくこの人たちは、使い方であったり使った期間であったりと、なにかの不具合が総じて期待できるまでの効果を得られなかったかも知れませんね。

 

もし規定に定められた正しい方法によって使った中においてもこのような結果になった人は、これらの化粧品類は万人に効果を示すものでもないという化粧品類によくある問題などのため、致し方ない結果ともいえてしまうかもしれませんね。

 

 

 

世界で認められたタイトペプチド-2

化粧品業界の世界規模はもの凄いです!

 

そんなすごい世界の中には、化粧品に使われている原料の展示会があるそうです。

 

 

化粧品に使われている原料は数限りなく存在していますが、そんな多くの原料を世界規模の展示会の場で金賞を受賞したいま世界でもっとも注目されているタイトペプチド-2を使用しているそうです。

 

タイトペプチド-2、別名トリフルオロアアセチルトリペプチド-2ともいわれている成分で、加齢に大きく関係している成分といわれています。

 

 

つまりリッドキララをまぶたに塗っていると、短期間ではないにしても長期間の使用によって某芸能界の大御所尾たちのように目元の手術までいかない前の予防に大きくアプローチし貢献するのではないでしょうか?

 

リッドキララで垂れる前に今からしっかりケアを!

 

 

 

しかしなんと、そんな目元成分を配合している化粧品には、リッドキララの他にメモリッチといわれるアイクリームにも配合されているそうです。

 

 

メモリッチとは?

メモリッチとは、イクオスブランドを展開している株式会社キーリーが開発したアイキシルといわれる5種のペプチドが入った目元に特化したアイクリームだそうです。

 

5種の成分の内訳は、

 

  • トリフルオロアセチルトリペプチド-2
  • ペンタペプチド-18
  • パルミトイルテトラペプチド-7
  • パルミトイルトリペプチド-1
  • カプロオイルテトラペプチド-3

 

 

それぞれの成分が、目元の角質層にあるべき水分量を即時的に増加させ、その後の持続性も有した働きがあるという成分です。

 

シワ・クマ・色素沈着や乾燥にアプローチして老化を防ぐ効果が期待できるそうです。

 

 

 

ですが、メモリッチにはリッドキララに含まれているネムノ木由来のリッドキシルが含まれていないようです。なのでコラーゲン・エラスチンにアプローチ出来なかもしれません。

 

でも、それに匹敵する上記のペプチド成分が含まれているので、うるおい作用はじゅうぶん過ぎるほど見込まれるかも知れませんね。

 

 

でもよく考えると、リッドキララとメモリッチがお肌の角質層部分へアプローチする方向性が違うような気もします。

 

 

リッドキララ作用

リッドキララは”まぶた専用”の美容ジェルです。

 

失われたまぶた内のだるく伸びきったエラスチンネットへの引き締めダイレクトアプローチと、乾燥を防ぎ、うるおいを増やすことがメインのリッドキララです。

 

 

メモリッチ作用

メモリッチは、まぶたのたるみにも作用するとされていますが、メインは”目の下のクマ・シワ・乾燥小じわ”です。

 

水分が失われた目元にコラーゲン・セラミドを増やす独自の成分がダイレクトにアプローチするそうです。

 

 

 

考えてみれば、この両方があれば目元の快適環境を維持していくにはバッチリと思えてしまいますよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ