リッドキララを最大限に生かす使い方を解説!

腫れぼったい瞼、垂れさがった瞼、伸びてきた瞼などで悩んでいる人に人気のリッドキララですが、そんなリッドキララを使っても効果が出ていない方もいると思います。

 

なのでこのページをお借りしてリッドキララをどのように使えば最大限に生かすことができるのかを解説したいと思います!

 

 

 

リッドキララは目元専用の美容液です。

 

目元といえば、顔の部分でいちばん皮膚が薄い部分でもあるんですね。

 

なので、リッドキララが目元専用の美容液だからといっても、使い方が間違っていたりすると効果が半減するばかりではなく、非常にデリケートな目元つまりリッドキララをつけるまぶたを傷つけたりする可能性も出てきます。

 

 

リッドキララをつける場合は、あまりすり込まないように軽くで良いのでサーっと仕上げる感じで塗るのがコツです。

 

 

 

基本ていうか、朝つける場合お化粧の前に付けるのか、お化粧後に付けるのかはどっちでもいいと思うんですよ。

 

要は、いろいろ試してみて、化粧品との馴染み部分の相性を見たうえで決めるようにしたほうが良いと思います。

 

 

わたしもとく知らないでお化粧した後につつけたら、

 

は洗顔後、美容液・乳液・クリームなどのお化粧が整い終わった後に使用します。

 

ファンデーションは

 

 

 

 

 

簡単に、仕上げるのがポイントとなります。

 

上記の塗り方がお手本ですね。

 

 

”こする”というよりは軽くスーッと”さする”という感じで行ってみてください。

 

リッドキララを付けるポイント

 

画像にもあるようにまぶたに、全体に引き延ばせやすくするように4点の場所にジェルをつけます。

 

付ける際、良くすり込めばそれだけ肌に浸透していいのでは?

 

と思われますが、まぶたの皮膚はとても敏感なことろなので、何回も強くこするとまぶたが腫れるなどの炎症を起こしてくる可能性が高くなってきます。

 

リッドキララを付けるポイント

 

ポイントは、目尻から引き延ばす際に少し持ち上げる感じで引き延ばします。

 

公式サイト内にも記述されているように、引き延ばしたとき5秒間ほどそのままをキープします。

 

つまり、引き上げられた皮膚形状をキープした感じでジェルを馴染ませることによって、フェイスアップを図る作用を施すわけです。

 

このっ状態を維持すれば、より目元にハリが生まれよりリフトアップが可能となってくるわけですね。

 

 

 

最後に、付けた後の引き延ばし加減と馴染ませ加減も肝心なポイントになります。

 

引き延ばしたあとの引き上げ加減は、軽く持ち上げる程度にして皮膚が若干伸ばされた状態をキープし、そのままの状態でジェルを乾燥させるように皮膚に馴染ませます。

 

 

乾かすポイント

 

 

乾燥させる際、ときどき乾きを確かめながら確かめます。

 

皮膚上が乾くとサラサラ状態になります。

 

 

最後に、塗った部分のハリと突っ張り具合を点検して、加減を確かめます。

 

ハリと突っ張り具合が強いのであれば、上記の動作時を加減してみる、また弱いのであれば、もう少し時間をかけるなどの工夫が必要になってきます。

 

 

 

皮膚上が乾くと、すべて終了です。

 

 

作業工程を文章起こしすると長くなりますが、肝心の塗る作業はとても簡単ですぐ終わるので、全体像はいたって簡単です。

 

 

 

いま、

 

まぶたのたるみ
腫れぼったいまぶた

 

このような症状で悩まれている方は、まぶた専用のリッドキララで、今までの悩みを解消してみてくださいね。

 

いい結果になる可能性が、非常に高いかもしれませんよ。

 

 

リッドキララを最大限に生かして緩んだまぶたや腫れぼったさを解消!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ