意外と詳しく知らない眼瞼下垂障害

腫れぼったいまぶた、垂れさがったまぶた、伸びてきたまぶたなどで苦悩する人に人気なのがリッドキララというまぶた専用美容ジェルです。

 

 

そんなリッドキララを使うと好作用が見込めるという症状に眼瞼下垂といわれている症状があります。

 

このページではリッドキララと眼瞼下垂に相違点はあるのかという内容を掲載しています。

 

 

 

眼瞼下垂障害とは?

眼瞼下垂障害とは、眼瞼下垂になった場合の二次的病状ともいうべき症状です。

 

 

眼瞼下垂には2種類あり、

 

  • 生まれつきなっている「先天性眼瞼下垂」
  • 日々の生活の中で起こってしまう「後天性眼瞼下垂」

 

が、あります。

 

 

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂は、まぶたを形成している組織を引き上げる筋肉や、それに伴っている神経などが正常に働かないかたちで生まれてくる状態のことを先天性眼瞼下垂と呼ばれているそうです。

 

上まぶたのことを専門用語で上眼瞼(じょうがんけん)といいますが、これを持ち上げる上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)という主動筋肉があります。

 

 

上眼瞼挙筋の位置は、眼球の上に位置して、眼球奥の筋組織と繋がり、まぶたを開ける際に筋収縮動作している筋肉です。

 

つまり、先天性眼瞼下垂症状がある人の場合、この筋肉組織がなにかの減によって正常に働かない状態になっているそうです。

 

脳からまぶたを持ち上げる指令が上眼瞼挙筋に伝わってもうまく作動しないため、まぶたが上までしっかりと開けず、ものが見えにくい状態になるのだそうです。

 

また、上眼瞼挙筋が正常に作動しているのに脳から送られる信号が正常でない場合もあるそうです。

 

 

後天性眼瞼下垂

後天性眼瞼下垂は、まぶたの厚みの部分の真ん中ほどに瞼板(けんばん)というコラーゲンでできた腱膜があります。

 

この腱膜は眼球の上に位置している上眼瞼挙筋との繋がりがあり、上眼瞼挙筋の伸縮によって腱膜が引っ張られる形になりまぶたを持ち上げています。

 

 

この腱膜が加齢やストレス、日々の生活習慣などの悪影響などによって、次第に上眼瞼挙筋とのつながりが途切れる症状や伸びるといった現象が起きてくるそうです。

 

この現象は人によってもかなりの違いがあるそうですが、主にまぶたが厚くて重い方や一重の人などに起こることが多いと考えられているみたいです。

 

 

眼瞼下垂になる割合は人によって大きな違いがあり、また、生きていく上での生活環境、行動などありとあらゆる物事におい供されることがあるそうです。

 

早ければ10歳という若さから発症される人もいるようですが、症状がぜんぜん発症しない人もいるなど、まだ学会においても詳しくは分かっていないという現状がある、とても複雑な症状といえそうです。

 

 

まとめ

眼瞼下垂は思っていたよりも深刻な症状としてとらえていたほうが良いのかもしれませんね。

 

そして、眼瞼下垂になりそうと感じたときは、生活態度を見直すとか十分な栄養補給を行い免疫力を上げるなどの早期対策が、眼瞼下垂対策につながるのではないでしょうか?

 

 

つまり、眼瞼下垂という症状は、内部的要因からなることが往々にしてあることから、一概にリッドキララの引き締め効果では十分な解消方法にはならないと思われます。

 

しかし、生活習慣を正してより健康な体つくりを心がければ、リッドキララに含まれているタイトペプチド-2またの名をトリフルオロアアセチルトリペプチド-2といわれる成分の働きによって、肌荒れ防止用成分が含まれているため眼瞼下垂の根本的な原因は解消できないにしても、ハリやたるみなどの症状を大幅に緩和できるのではないでしょうか?

 

この解消方法を行うことで、見た目の違いにかなり大きい差が生まれてくるのではないでしょうか?

 

リッドキララの詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

※参考記事:https://www.matsuyama-shimin-hsp.or.jp/
 

TOPへ