リッドキララで眼瞼下垂対策ができる?

 

  • 腫れぼったいまぶた
  • 垂れさがったまぶた
  • 伸びてきたまぶた

 

こんな症状に悩んでいる人に人気のリッドキララですが

 

そんなリッドキララで「眼瞼下垂」対策ができるのでしょうか?

 

 

このページでは眼瞼下垂対とは何か、またリッドキララで眼瞼下垂対策ができるのかを書いてみました。

 

 

 

リッドキララで眼瞼下垂対策ができる?

年を重ねることで体の皮膚が余ってくるという現象が起きてきたりします。

 

 

まぶたも例外ではありません。

 

その影響によってまぶたの皮膚が余り、下に垂れ下がってくる眼瞼下垂という病気を併発してしまう場合があります。

 

 

この現象、最近では芸能界を牛耳っている感のある和田アキコさんもこの症状を以前から気になさられていたそうで、ついに手術をしました。

 

また西では昼の茶の間の笑いや驚きなどのニューススクープを2時間弱かけ魅了し楽しませている人気司会者宮根誠司さんも同じ手術をされました。

 

 

お二人のその後の眼瞼下垂状態は?

最近の宮根さんのまぶたの腫れはもうすっかり元に取ろうとした状態になっていますが、一方の和田アキコさんのまぶたは依然腫れたままです。

 

街のうわさでは「眼瞼下垂手術が失敗したんじゃないの?」という声も聞こえてくるような状態ですが、手術前の写真などを見ると、なぜだか分かりませんがもうすでに目の下あたりが腫れている様子が分かります。

 

 

また、手術前に目の中にできる黄斑変性症にもかかっていたそうです。

 

黄斑変性症って目に映る部分がゆがんだり、また真ん中が黒くなってその周りがゆがむという、ちょっと考えただけでも怖くなるような症状です。

 

術後の目の腫れた状態をかなり気になさられているそうで、周りの人たちもかなり心配されている様子ですが、当の本人はもっと深刻にこの腫れた現状に身も心も疲れ切っているそうです。

 

和田アキコさんも今年で68歳になられるそうですが、茶の間をにぎわせてくれるためにも、はやく完治されることをねっがてやみません。

 

 

眼瞼下垂とは

和田アキコさんや宮根さんに発症した眼瞼下垂とは、目を開けたときに瞳の部分つまり黒くなった部分まで”まぶた”が弛んで下がり、瞳の視野を妨げるようになった場合”眼瞼下垂”と診断されるそうです。

 

このやっかいな眼瞼下垂をそのままにしていると、常に垂れ下がったまぶたで視界がさえぎられ、物が見えにくくなってさまざまな支障をきたしてくるといわれています。

 

車などを運転する場合などは特に気をつけなければならなくなってきそうな症状ですよね。

 

 

眼瞼下垂には先天性と後天性がある?

また眼瞼下垂には先天性と後天性の両方があるといいます。

 

先天性の眼瞼下垂は、もともとまぶたの肉が厚く腫れぼったい状態になっている人や一重の人になりやすいとされています。

 

また、まぶたを引き上げる筋肉量の弱さの異常や、脳神経伝達障害なども理由の要因になるともいわれています。

 

 

 

後天性眼瞼下垂は、加齢やストレスなどによってまぶた部分の細胞の働きが弱くなる症状や、まぶた自体のハリや潤いが次第に失われてきて眼瞼下垂という症状になるのだそうです。

 

 

眼瞼下垂対策は?

先天性の眼瞼下垂も後天性の眼瞼下垂も症状がひどくなる前からの対策がとても重要かなと思います。

 

もし、眼瞼下垂らしき症状が現れる前から十分な対策をすることで、まぶたのハリや潤いを失って眼瞼下垂にならずに済む可能性もあるのではないでしょうか?

 

日頃から身体に十分な栄養を与え、身体に無理がかかるようなストレスを回避し夜更かしや深酒など肌に悪影響を与える行為はなるべく避けるようにしたいものですよね。

 

 

加齢をさけるのは難しい問題ですが、ストレスなどはなるべくため込まないように努力し、自分にあった化粧品や栄養十分な食事はとろうと思えばサプリなどでも補える対策はできるだけの範囲内で行っていった方がいいと思います。

 

また日常生活などを正して少しでも健康を維持していけば、眼瞼下垂の予防、また眼瞼下垂になりにくいまぶたを形成することができるのではないでしょうか。

 

 

リッドキララで眼瞼下垂対策が可能?

眼瞼下垂になる症状には先天性と後天性があることが分かりました。

 

先天性の眼瞼下垂はまぶたの皮膚組織自体の病気ではなく、まぶたを持ち上げようとする筋肉組織とのつながりによってまぶたの開閉が行われているため、筋肉を若々しく保つために、アミノ酸などの栄養補給が功を奏するかも知れません。

 

このアミノ酸、ダイエットにも良さそうなので、健康も叶えられれば「眼瞼下垂予防・まぶたの引き締め作用・ダイエット」とまさに一石三鳥と効率よく希望がかなえられるかもしれませんね。

 

 

 

先天性の眼瞼下垂の場合、まぶたの皮膚組織の変化作用を利用したリッドキララを先天性の眼瞼下垂に使用しても、表面上の加齢で伴ったたるであれば可能ですが、先天性の眼瞼下垂自体への効果は難しいと思われます。

 

 

先天性の眼瞼下垂の原因は、眼球の上に位置する筋肉またはその筋肉を動かす脳神経作動異変の病気です。

 

これらの異変は、後天性の免疫力低下による細胞の弱体化によってもたらされる場合もありますが、先天性の眼瞼下垂がひどくなった場合は手術による治療しかなさそうです。

 

なので、先天性ではリッドキララで眼瞼下垂治療はできないことになり、栄養補給や身体に無理がかかる私生活をなるべく避けるようにすれば遅らせる、または発症しにくくなるのではないでしょうか?

 

しかし、先天性の眼瞼下垂でもひどくない状態であれば、表面上の垂れ部分への状態にリッドキララを使用することによってある程度回避できる可能性はあると思います。

 

 

後天性の眼瞼下垂の場合の対策も、免疫力の低下が原因の場合が往々にしてありそうといえるので、上記と同じく自身の体をいたわる生活態度で対策が出来るのかもしれませんね。

 

なので、もし

 

  • まぶたが重い
  • まぶたがだるい
  • 目が開けにくくなった

 

などの症状が感じられ来た場合は、速やかにまぶたへの対策を施した方が将来のために良いのかもしれませんね。

 

 

正直、リッドキララの使用は先天性の眼瞼下垂の皮膚表面上の問題には効果があるかもしれませんが、根本的な眼瞼下垂治療には手術という方法でしか治らないと思われます。

 

リッドキララは後天性の眼瞼下垂に適しているかもしれませんが、それも皮膚表面上の垂れ部分に対してです。内部の筋力であったりまぶた皮膚内部のコラーゲン減少対策には、日ごろの栄養補給であったり、生活態度に気を付けるなどの栄養面での対策が必要かと思われます。

 

後天性の眼瞼下垂対策に優先されるのは、あくまでも体内の免疫力などを下げない生活状況が優先されそうです。

 

ただし、眼瞼下垂がどのような状況や原因からなるということは、学会でもはっきりしたことが分かっていないそうです。

 

 

ですが、はっきりしていることは、身体に無理がかからない生活をしていれば眼瞼下垂にせよ、他の病気などもなりにくいと思われます。

 

 

つまり、タイトルに示した「リッドキララで眼瞼下垂対策が出来る?」は

 

眼瞼下垂に対しての根本的な対策に効果はないということです。

 

 

ただし、眼瞼下垂症状でも表面上の皮膚のたるみに対しては効果はあると思います。

 

なので、和田アキ子さんが手術する前の垂れ気味だったまぶたの状態であっても、ハリと潤いがもたらされるリッドキララを使用した場合まぶたの皮膚上の問題は回避する可能性も十分あるため、使わないよりは使った方がより見栄えも良くなってくるのではないでしょうか?

 

 

現に、リッドキララを使用した人の中には

 

最近三重状態のダブついた悲惨なまぶたにリッドキララを使用しました。
すると他のアイクリームを付けてもダメだったまぶたが見事きれいな二重にもどってきました!ハリも潤いも出てきたのでクッキリしてきたのが手に取るように分かり付けていて良かったです。

 

という口コミ感想も多くあったりしますから!

 

リッドキララの詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ